ゴルフ初心者の方へ

上司や先輩、嫁のお義父さんに教えられる前に、レッスンプロにちゃんと教えてもらうことをお勧めします(笑)

(上司)
ヘッドアップで身体が開いてるよ、ボール見てもっと頭を残して!

 

松山秀樹選手などを見ているともっともな意見に聞こえますね。

 

でも頭を残すとボディ(腹筋やお腹のイメージ)を回せない人が多いのも事実です。苦しいんですね。結果的に手打ちになってしまう人が多いんだと感じます。

人によっては、頭を残すことは二の次で、しっかり体幹で振っていくことに重点をおいたほうが良い人もいることでしょう。

どこを治すことを最優先したほうがいいのか、人によって最善の方法が違うんだと思います。

 

ハンドファースト。
切り替えしで腕を使わずにボディターン(下半身)先行でスイングした結果、手のチカラが抜け結果的にハンドファーストになるのなら理想です。

でも初心者の場合は、グリップ(手元)を先行させて(振って)ハンドファーストの形だけを作ろうとしてしまいがちです。

形はハンドファーストになっても、それだとシャンクなどミスをしやすくなってしまいます。

 

インパクト以降に左肘が体から離れていっていないでしょうか?(右打ちの場合)

 

ぜひゴルフレッスンを受けてみてはいかがでしょうか?

ヘッドアップを修正することが最優先なのか?アーリーリリースを修正することが最優先なのか?

レッスンプロの方は、「教える」ことに特化したプロです。あなたに合った最善の方法をアドバイスできる知識を持っています。

 

【スポーツ経験者の方へ】

ゴルフは止まったボールを打つ競技なので野球ともテニスとも卓球とも動きが違います。

真剣に一つのスポーツに取り組んで来た人ほど、プロのレッスンを受けたほうがいいと感じます。なぜならゴルフでいうところのダメな動きが染みついちゃっている可能性が高いからです。

野球ならピッチャーの動きや球種・コースに合わせてスイングする必要があり、自分のタイミングで打つわけにいきません。

野球のスイングは来たボールに合わせる必要があるため、テイクバックがすごく小さいです。

 

硬球という固いボールが100km以上の速度で向かってくるので、力負けしないよう左手首を甲側に折る感覚でインパクトします(右バッター)

写真は左打者の場合です。
インパクトの瞬間、右手甲が上(空)を向いて、ボールを受け止める感覚。

 

ダウンスイングと、インパクトにおける手首の動き(向き)に関しては、野球とゴルフはかなり違います。

ゴルフは自分のタイミングで振れるので、野球と比べるとテイクバックがかなり大きくなります。

大きくなった分、ダウンスイングもゆったり大きくする必要があります。

テイクバックが大きくなっているのに野球のタイミングで切り返すと振り遅れてしまいます。

経験したことのない動きと思ったほうが話がスムーズかと思われます。

 

インパクトではゴルフでいう閉じる動き(手の甲をピッチャー方向に向ける動き)をする必要があります。

なぜなら野球のバットとゴルフクラブでは芯の位置が違うからです。

バットは365度ぐるっと芯なので向きを気にする人はいないはずです。もちろん芯で打とうという意識はありますが、芯は芯でもロゴマークの位置で打とうと考える感覚はないはずです。

でもゴルフクラブの芯は一点しかないため、その一点に戻す感覚が必要です。(野球にはない感覚です)

 

もちろんスウェーしてはダメ(壁を作る)など、野球経験者だからこそ、すごく理解しやすい共通している部分も多いのですが。。。

 

野球でもテニスでも卓球でも中学・高校では先生(もしくはコーチ)に動きをチェックしてもらっていたと思います。

ゴルフになるとなぜか完全に独学でやろうとする人が多いのですが、動きが違いすぎるので独学では気づけない部分が多いと思います。

ゴルフレッスンってそんなに高くないですよ(笑)

 

スポーツの種類としてはまったく違いますが、最初にアドバイスを絶対受けるべきだという意味では、スキューバーダイビングに近いモノがあるように思います。

正しく知っておくべきことが多いです!

レッスンを受けることは「恥ずかしいことではない」ということに気づいていただければ嬉しく思います。
プロゴルファでも自分では気づけないのでコーチがついています。

仲間内でも頭一つ抜け出して「うまいな」って人は、ほとんどの場合、何らかの形でレッスンを受けている(受けていた)はずです。

ぜひご自身にあった「目からウロコ」のゴルフレッスンをうけ、ゴルフライフを楽しいものにしてください!