2016 ISPSハンダゴルフ | ワールドカップ2日目速報!松山・石川7バーディ!

投稿日:

2016
ISPSハンダゴルフ | ワールドカップ2日目速報!
オーストラリアメルボルン
キングストンヒースGC (11月24日~27日)

日本出場選手
石川遼・松山英樹組

 

「2日目」の全体的な印象
「フォアサム」と違い、「フォアボール」ではスコアを全体的に伸ばすことが予想されていた。

デンマーク・中国・スペインあたりがいい感じでスコアを伸ばしてきた感があるが
松山・石川組も7バーディ7位タイとまずまずの好位置に。

どちらが先に打ってもかまわないので、戦略的に「パーを確定させて相手を楽に」させてからの戦略なども多面性があった。

 

 

2日目の「松山・石川組」の印象

石川選手4バーディ、松山選手3バーディ。2日目終わってトータル-6

もう少しスコアを伸ばしたかった感はあるが、すばらしい成績だと思います。

 

ホールアウト後のコメント

「石川選手」
互いに同時にバーディチャンスにつける機会がなく、もう少し安心して互いにバーディチャンスにつけていればよかったかなと。

10番セカンドミスしての3パットが痛かった。あと2つぐらいは伸ばせるチャンスがあったと思う。

思うところがあってドライバーの修正したことが良い方向に向かったと思うが、説明すると2時間ぐらいかかるので、やめておきます(笑)

「松山選手」
あんまり良いところがなかった。

僕が先にセカンドを打てば、遼も攻めやすいかなという戦略面もあった。2人で7バーディは少ない。10番のミスを11番のチップインで取り戻せたのは精神的に大きかった。ウェアがそろっているのはたまたまです(笑)

 

ワールドカップ楽しいですね!
本人たちは相当のプレッシャーでしょうが、視聴者は気楽に楽しんいるので、どうかのびのびゴルフを楽しんでください⛳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です